受験生の方へ|在学生の声

在学生に聞きました

大学院工学府 建設システム工学専攻(船舶海洋系)
学生
福岡大学附属大濠高校出身

写真

Q1 船舶系専攻を選んだ理由を聞かせてください。

私は破壊力学という学問に興味があり、大型鋼構造物の破壊に関する研究室に所属しています。大学の講義などで大型溶接構造物の破壊事故が多発していることを知り、製品が破壊に至る寿命を予測することは、安全を考える上で重要であると感じました。今後もこの分野の研究に携わりたいと考えています。

Q2 船舶系専攻ではどんなことを研究していますか?

船舶や海洋構造物の分野では、複数周波数成分を有するような複雑な荷重条件下での疲労損傷に注目が集まっており、そのような複雑な荷重条件下での疲労損傷推定手法を構築することが私の主な研究となっています。

Q3 学生生活で、楽しい、または、大変だったエピソードがあれば教えてください。

学部3年時に行う船舶製図では、長時間同級生と共に過ごす時間が長いため、直ぐに同級生と仲良くなり楽しい学生生活が送れました。大変だった時期は学部4年時に研究を開始したときです。最初から答えのない研究に対して試行錯誤することは未経験であり大変でしたが、やりがいもありました。

Q4 受験生へのメッセージ

受験勉強で行き詰ったときは、自分の行きたい大学について調べてみることも大切だと思います。その際、選択肢の一つとして船舶海洋システム工学コースに少しでも興味をもっていただけたら幸いです。

工学部 地球環境工学科 船舶海洋システム工学コース
学生
東京都立 立川高校出身

写真

Q1 地球環境工学科 船舶海洋システム工学コースを選んだ理由を聞かせてください。

幼いころ、よく家族に横浜のみなとみらいに連れて行ってもらい、横浜湾を流れるクルーズ船や観光船を見てその美しさと壮大さにとても感動したのを覚えています。それから船に興味をもちはじめ、高校で物理の恩師に出会ったこともきっかけとなり、船舶海洋システムコースのある地球環境工学科を選びました。また、海に囲まれた日本は、海洋エネルギーや海洋資源を有効活用していくことを期待されている中で、自分も海洋システム技術者として社会に貢献できないかと考えたのも理由の一つです。

Q2 地球環境工学科 船舶海洋システム工学コースでどんなことを学んでいますか?

主に流体力学や材料力学、構造力学といった船舶工学に関することを学んでいます。3年生の夏には造船所実習に行き、それまで教科書でしか学べなかったことを実際に体験したり社員の方の話を聞いて知識を深めたりと貴重な経験もできました。4年生になると研究室に配属となり、私は船の推進性能や造波抵抗について研究を進めました。通常の授業の他にも、実際に造船所に勤務している九大のOBの方の特別講義などもあり、高速艇や氷海工学についてじっくり学ぶことができました。

Q3 学生生活で、楽しい、または,大変だったエピソードがあれば教えてください。

一番大変だったエピソードは3年生の製図の授業です。一年かけて一隻の船を自分一人で設計するという授業です。図面の作成はもちろんすべて手書きで行い、初めは使い慣れない製図道具たちに苦戦しました。自分が今までいかに授業をきちんと理解していなかったかがとても思い知らされましたが、最後の審査に合格して製図が完成したとき、なんとも言えない達成感に満ち溢れました。また、クラス一丸となって協力していくことで、普段あまり話したことのない人とも接する良いきっかけとなりました。

Q4 受験生へのメッセージ

船舶という分野について学べる大学は国内でも非常に限られています。このような専門分野を学べること自体、とても貴重なことですし、修得した技術は自分の強みにもなります。船や海に興味のある方だけでなく、大きなものづくりに関わりたいと思っている方、やりがいのある仕事がしてみたい方、ぜひ船舶海洋システム工学コースに来ていただけますよう、お待ちしております!

大学院工学府 海洋システム工学専攻
学生
福岡県立小倉高校出身

写真

Q1 船舶系専攻を選んだ理由を聞かせてください。

地球環境工学科は2年進級時に建設都市、船舶海洋システム、地球システムの3つのコースに分かれます。一年を通してガイダンスが行われ、各コースの話をじっくり聞くことができます。そこで船は総合工学であるという話を聞いて、様々な工学的要素が学べると思い、このコースを志望しました。実際に構造や流体、溶接などあらゆる工学について学んでいます。

Q2 船舶系専攻ではどんなことを研究していますか?

船の運動性について研究しています。運動性とは船の「まっすぐ進む」「曲がる」「止まる」といった性能のことです。この性能は船の形ごとに異なっています。そのため船の運動性を評価するために水槽で実験を行ったり、コンピュータを使って船の運動を推定するプログラムを作成したりしています。現在は船が係留しているとき、波や風の影響を受けてどのような運動をするかを研究しています。

Q3 学生生活で、楽しい、または、大変だったエピソードがあれば教えてください。

大学院になると英語を使う機会が多くなりました。英語の論文を読むこともありますし、留学生と話したり、海外の大学と交流したりすることもあります。英語でのコミュニケーションは大変ですが、グローバル化が進む中、学生のうちから英語に触れることは大切だと思い、積極的にコミュニケーションをとるように心がけています。

Q4 受験生へのメッセージ

学生生活を楽しむには何といっても友人の存在が大切です。学生生活の中で様々な困難なことがありましたが、友人と協力し、助け合うことで乗り越えることができました。船舶海洋システム工学コースはかけがえのない仲間に出会うことができます。